みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

ストレス社会の根源

 

 

 

日々を生きているととにかく心から想いが湧いてくるので、ブログに綴っていこうと思います

 


書きたいですし、必要としてくれる人が居ると信じています。

 


今日は僕にとって少し苦しい日でした。

 


このストレス社会の縮図のような現場でした。今僕は派遣でガテン系のお仕事をしています

 


ストレスのぶつけ合い。社会的立場の弱い人間は傷つくしか選択肢がない。そんな世界でした

 


そういう低い立場の人の中には優しくて繊細な人が多いんです。こんな現場にも女性はたくさん居ます。

 

 


女性は特にいつも立場が低いです。僕はすごく愛おしくなりました

 


上司に怒られるとき、大抵怒りにはストレスや恨みや色々なものが含まれています。怒り自体は当たり前の感情です。

 


ですがストレスにまかせ怒るのと叱ることは似て非なるものです。根本が違います

 


でも、空気を読むよう、怒りを我慢するよう、ルールの中で生きてきたんですよね。僕は20歳の時、心が壊れるまで我慢しました

 


そして、今の僕はストレスをぶつけられ心を攻撃されると同じ熱量で反射する心になってしまったようです

 


理由は分かりません。でも自分がそぎ落ちた純粋な心の瞬間、天河で宝珠を、多分僕は水晶の鏡のようなものを授かったのかなと思ってます

 


もちろん僕自体は本当になんでもない人間です

 


ただ、天河のエネルギーと世の中を繋ぐパイプではあります

 


とりあえず、今日の現場はこれまで一番苦手でストレスを与えられ傷ついてきた怖い現場でした

 


今の自分が行くとどうなるのか、そんな興味はありました。そして、上司は上からのストレスを弱い立場の人にぶつけます。

 



注意すること教えること、それにストレスは必要ですか?なぜそこまで人を傷つけるのか、ものすごい怒りが湧いてきました

 


そしてありったけのストレスで注意され攻撃された僕は次の瞬間100パーセントの怒りで相手を怒り叱りました

 

 


純粋にキレるのは人生で初めての経験でした

 


頭なんか入り込む余地もなく、本当に純粋な怒りでした。でも、根本は愛な気がします。今の世の中で果たして100パーセント本気で叱ってくれる人がどれだけいるでしょうか

 


その人は結局変わりませんでした。僕は今を生きている時間が長いので怒りの後にはケロっとしています。今まででは考えられないくらい、過去のことを引きずらなくなりました

 


力関係の頂点にいるトビさん、彼らは心のままに怒り喜び人を傷つけることもある。天敵がいないんです。でもまだ彼らの方が歪んでない気がします。

 


中には人の上に立ち言葉の暴力とエネルギーで罵り傷つける愚かな人間もいますが。一人間ごときが何様だと。怒りが溢れました。

 


人の本質には上も下もあるわけがない。

 


そして、その下の下請け会社はトビが怖いです。そしてペコペコしながらストレスを溜め言いたいことを言わず、それを派遣にぶつけます

 


そして派遣のリーダーは派遣のバイトにストレスをぶつけます

 



弱い人間しか攻撃出来ない本当の弱い人間です。これから人の心の痛みを身をもって知って勝手に学べばいいと思います。

 


僕は人の痛みも分からない卑怯者のあなたたちに割いている時間はないので。そんなにストレスを解消したいのなら、酒タバコ風俗ギャンブルがあるじゃないですか

 


でもそれではストレスの根本は解決出来ません。気休めです。依存もします

 


弱い立場の人間が選択肢の余地もなく傷つく世の中

 


そしてその中でも傷つき優しく純粋な彼らは自分がわからないほど傷ついています

 



そうやってこの国は年間3万人の間接的な殺人を、死者を出し続けてるんです。

 

 

 

僕の場合は多少の逃げや自身の弱さもありました。ですが、その被害は数字が物語っています

 

 


そして、未来ある10代20代の死因のNo.1は自殺です。きっと彼らはこの世の中に違和感を感じ苦しみの末、勇気を出して逝ったんだと思います。褒められもせず、苦にもされず。

 


読んで批判する人も出てくることでしょう。でも、批判にエネルギーを注ぐ気はないので、読ませて頂いてから消させていただきます。

 


あなたは自殺を笑いますか?あいみょんという若いシンガーソングライターが『生きていたんだよな』という歌を歌っています

 


Youtubeで弾き語りverを見てみてください。自殺した女子高生を歌っています。魂の唄です

 


人身事故に何も思わない世の中、何も思わないどころか時間が遅れて怒るサラリーマン、迷惑のかからない場所で死ねと言う大人、SNSに投稿する若者

 


電車を選ぶのは、きっと、悲しくなってきました。彼らは気づいてほしかったんです。尊い想いを。死してまで。それがどれだけ儚く悲しいことかわかりますか?

 


何かがおかしい。みんなどこかでわかっているでしょう?

 

 


死を遠ざけ過ぎて、生が薄れ過ぎて、生きる屍にになっていませんか

 

 


死んだように生きていませんか

 

 


このままでいいんですか

 


このままこの国を腐らせるつもりですか?

 


今のままだと地球に天災で消されてしまうかもしれません。人間は害虫でしょうか

 


動物に対する扱いでその国の国民生がわかる。ガンジーの言葉です

 


この国は年間5万頭の猫と犬を殺傷分しています。彼らが何かしましたか?飼って飽きたら捨てる飼い主の多さ。愛のままに生きながら霊性を学んでいる彼らには痛みもあります

 


この国は、神様はこんな悲惨な世の中を見て泣いてると思います。それでも人間を見捨てないのだから本当に愛は慈悲深いと思います

 


でもそろそろ地球も神も限界でしょう。もうタイムリミットは迫ってます

 



いつまで物質的な豊かさを極めれば気がすむんですか?これ以上自然を破壊してまで便利にしてどうするつもりですか?

 


そんな怒りのエネルギーも湧いてきますし、僕自身もそういうことはずーっと考えながら生きてきました

 


今日は荒い文章になってしまいすみません。

 


そういう日でした。起こることが起きます

 


そして最後に、今の職場環境を変えたいあなたにできることを教えます

 

 


自分と合う合わないがあるかもしれませんが、僕には今のところこれしか思いつきません

 


あなたのいる社会は形式を求めます。敬語、ルール、そういった決まりです。それを逆手にとります

 


例えばイライラした上司が、山田くん早くしてくれたまえ。と言えばよいのに、早くしろよぉ山田ぁあ!!!とキレられたとします

 


グッと我慢して、すみませんと言うと多分いまのままです

 

 


ストレスも自分に蓄積されたままです

 


そうではなく、すみませんの中に、そこまで言わなくていいでしょ!関係ないストレスを俺にぶつけるな! 素直にそう思ったのなら、そのエネルギーですみませんと言って返してみてください

 


社会はエネルギーや感情はさほど気にしません。すみませんと言わせたいんです。エゴの塊、自我は形式が大好きですから。

 


そのエネルギーですみませんと言うと、ストレスは相手に返せるし我慢しなくて済みます。社会の役割も守れます

 

 


上は一部しか変えられません。やはり弱い立場が変わっていくしかないと思います。

 



言葉なんていうなれば記号です。本物は心ですから。そんなことも分からない世の中を逆に利用しましょう

 


少し強めの、圧のあるすみませんになりますが、以外と何も言ってこないと思います。繰り返すにつれ戸惑って、そのうちあなたに当たらなくなると思います

 

 


そしてまた別の捌け口を探すんです。上を変えるのはなかなか難しいと痛感しました。

 

 


自分たちが変わるしかないのかもしれません。

 

 

 

知り合いの中には、それでも歯をくいしばって相手のいいところを探し続け乗り越えた荒業の方もいました

 

 


これには強い精神力と忍耐がいるのでなかなか難しいです。

 

 


世の中の力になりたい

 

 


このメッセージが、生きる知恵が多くの人に届き、生きやすい世の中に少しでも変わっていくことを願っています

 


今日はたくさん怒り、帰ってきてから子供のようにたくさん泣きました。心のままに無邪気に泣く、すごくスッキリする。たくさん感動。こんなに生き生き人間してるのは子供の時以来です。

 


毎日の中に気付きがあります。学びがあります。幸せは今の中にしか存在しません。

 


今この瞬間、最高にいい気分になれるよう小さな努力は誰でも出来ますから。今は苦しくても大丈夫です

 


どこかで頑張るあなたへ。今日もお疲れ様でした。あなたはよく頑張りました。何も悪くありません。大丈夫ですから。自分を褒めてあげてください

 


明日も無理なくご自愛して生きて生きましょう。

 


今日も有難うございました。

 


PS.大学一回生の時に吉野山の奥深くで撮った一枚。大好きな場所。無加工で輝くエネルギーをどうぞ。

 

 

 

f:id:ngumd19920902:20180615230425j:image