みずかがみ

奈良の天河で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。人生の日々の學び、湧いてくることを心のままに綴っていきます

人生の出来事は常に中立


皆さんお気づきかと思いますが、ブログランキングに登録しました!




記事の上部に毎回表示されますので、心優しい方は是非1日ワンクリックずつして頂けると嬉しいです




あ、もしクリックするバナーが表示されない場合はコメントしてくださると嬉しいです。こちらの設定か、観る側のケータイのブラウザの設定が違っているのかもしれません




そして、2つのランキングに登録したのでクリックするバナーが2つあります。2つともクリックして頂けると、このブログがたくさんの人で共有出来ます




そのクリックが、たくさんの人の幸せに繋がりますように。




これからも皆さんに元気を与えられるよう、このブログが癒しの空間になるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します。




それでは、心のままに書いていきますね(^^)





今日はいつも通り良い気分の日でした




でも、初めて子供を叱ったかな。愛してるからこそ、大好きだからこそダメなことはちゃんと教えてあげたい




この子達のために




お昼からはみんなで将棋教室に行きました




ワークショップを受けてたんですけど、講師の方の子供への接し方を見ていて色々思いました




まず、子供と思ってなめてかかってること




子供といえど、対等な人間ですから。大人が必ずしも偉いわけではないですし、教育の場は子供から大人が學ぶことの方が非常に多いです




見下すのは何事においても良くはないですよね




それじゃあ言うことは聞いてくれるわけないです。大人もストレス溜まりますよね




そうじゃなくて、子供と同じ目線になるんです




そうすると、子供の気持ちや、子供の気持ちの分かる大人としての発言が自然と出来ますから




口調も、適したものに変わっていくと思います




頭ごなしはよろしくない




大人の中にも子供の心がありますから。その心を掘り起こしてうまく接してあげてください




なによりも、大人が子供以上に楽しめたら最高ですね(^^)




僕は、無邪気の化身のような人間なので、子供に心配されることもしばしば笑




うん。とにかく将棋楽しかったです




どんどん強くなる




ハートを全開に解放して盤面に沈むように集中すると、すごく分かるんですよね




将棋ってこんなに楽しかったんだ。日本ってやっぱり素晴らしい




そして、帰りの車での送迎の時、クラクションや不親切などが多々ありました




尼崎はとにかく交通マナーが酷すぎる




それでも、僕は良い気分で居られました




現実と自分の間に少し隙間があるというか、選択する余裕がありました




それは、普段心がけている良い気分の賜物だと思います




例えば、全然道に入れてくれない。そんな時間が3分は続きました




今までならすぐにイライラし、譲らない人を責めて文句を言っていたかもしれません




でも僕は、その出来事の後に選択肢が浮かびました




A. 譲らない人のせいにしてイライラする




B. 我慢我慢とストレスを溜め込む




C. 起きている出来事を俯瞰的に見つめる




僕は迷わずCを選択しました




結局、出来事はいつも中立で、良いとか悪いの解釈って自分が決めてるんですよね




その選択の連続が人生を作っています




どんなに辛い出来事でも幸せな出来事でも、究極的には『全ての人生における出来事は中立』だと思います




このことが分かると、現実に巻き込まれにくくなりますし、生きやすくなります




湧き上がった感情に対しては、素直に表現したらいいと思います。怒りが悪いことだと、自分を押し込めないでください。




このストレス社会の日本では、そういう知恵も必要かと思います




みんなが愛に溢れれば世界は平和だろうけど、それはねぇ。限度がありますから




他人を変えずに自分を変えていって人生を豊かにしていきましょう




明日は先日のダウン症のダンサー、『オラポポ』の公演を観に行きます




とても楽しみです




僕は、自分の才能をこの子達の為に使いたい




それが今は人生の流れだ




今日も幸せです




皆さん、いつも読んでくださって有難う。




僕は、ほんっとうに幸せ者です




愛してます。