みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

シャボン玉最後にしたのはいつですか?







こんにちは




いつもブログに来てくださり本当にありがとうございます。




お読みいただく前に是非ランキングボタンをクリックお願いします





日本一周ランキング




皆さんにいつも元気をもらっています。本当に本当に有難うございます。




今日も心のままに想いを綴ってみます






~~~~~~~~




この前子供たちとシャボン玉をしました




僕は、15年ぶりでした




びっくりするほど楽しくて綺麗で、テンション上がりすぎてみんなと1時間くらいずーっとやってました




そのときの僕は子供たちのように屈託のない笑顔でキラッキラしてました




どんな大人も、元々そうだったんですよね




僕らはいつそれを無くしたんだろう




記憶にあるのは、小6から中1になったとき。初めてのクラス、入学式の日だ




友達が出来て、担任の先生がクラスで自己紹介してるときに楽しくて嬉しくて笑ってしまった




すると




『ヘラヘラすんなぁ!!!!!』




大声をあげて担任がブチ切れた。あれは衝撃的だった




怖さで黙らせて、しつけて言うことを聞かせたかったのかわからないけど、今思えば中学から子供らしさを失っていった気がします




大人の事情、社会、現実というものをどんどん強要され、時には暴力で押されつけられました




どうやらあの中学では、入学する数年前に不祥事があって全国ニュースにもなったことがあり、それが原因で厳しくなったとか。




教師には本当に素晴らしい人もいますが、神様ではありません。良いところも悪いところもあります。本当の人格者なら、あんなことはしなかったでしょう




まぁ、反面教師というやつですね…




話、一気に変えますね。笑




今日はアフリカンコンテンポラリーダンスの稽古でした




本番も間近で、僕は演出助手としてずーっと見てました




でも前回下手な発言をしてしまい、今日は反省して何も言いませんでした




出演者のほとんどはプロのダンサーではなく一般の人です。あえて一般の人を使うことで、技術ではなく人間的魅力を舞台で出すのが目的です




僕が少しプロに求めるようなことを言ってしまいました。それは反省です




今日は、クレイジーモーション?なかなか大変なシーンの稽古でした




突然演出に、こうへいも出てくれと言われワンシーンだけ出ることになりました




僕がするのは、精神病院で拘束服に縛られている人です。精神病であり障害がある人物です




演出の彼は、障害や精神病を病気だとは思わないと言っていました。鋭い発言で、僕は激しく同意しました




与えられた役はとても危険でエネルギッシュで怖さもあります。僕はそれを全力でしました




結果、演出が引くほど褒められました。他の演者は固まってる人もいました




わかるんです。そういう方々の心の苦しみや訴えたいことが。僕自身も苦しみましたから




僕は今までは、こんなことをしたらすごくしんどくなって巻き込まれてたんですけど、本当の自分は何一つ傷ついていないので大丈夫でした




むしろ、ハートの殻がなくなったので、その熱量と表現は鳥肌が立つほどのものになっていました




きっと、表現者としてこれから需要が出てくるのかなと思いました




でも同時に、これでいいのかな?とも思いました




舞台で障害のある方を演じるのは、本当に賛否両論だと思います。僕なんかまさにそういう現場で働いてるわけですから、色々思います




当事者が、その家族が観たらどう思うだろう。はたして作品を作る人がそこまで考えて悩んで舞台に持ち込んでいるんだろうか




もちろん世の中は綺麗事だけではないし、そういう表現や舞台も必要ですし、その方が気付きが大きかったり感動する場合もあります




でも、今僕が本当にやりたいことは、自然やエネルギーを感じて踊る古き良き踊りです。



この前ある方に




『自分の為に舞ってください』




と言われました。すごく胸に残っています




難しい問題ですが、心のままに生きようと思います




その狂気的な表現をしたときに何かと同調したのか、また変なエネルギーを吸ってしまいしんどいです




自分を苦しめてまで苦しむ表現をする必要があるのだろうか。コンテンポラリーダンスをする人を見ていると、みんなの魂が殻を破ろうとしているように見えます




自分をさらけ出したり苦しみや絶望といった『負』からのアプローチが強いように思います




荒療治ですが、すごく良いことだと思います




ですが僕はもうその殻がないので、うーんという感じです




まだ若いので、それなりに悩みながら生きて行こうと思います。




今から仕事で天使たちに癒されてきます。仕事大好きです。みんな本当に愛おしい




今どんなに辛くても、人生は素晴らしいですから。




この苦しみが何十年続くことなんてありえませんから。




大丈夫です。




本当のあなたは愛に溢れてますから。




いつもありがとう。