みずかがみ

奈良の天河で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。人生の日々の學び、湧いてくることを心のままに綴っていきます

2018年を振り返る

いつもクリックありがとうございます。




たまにはてなブログのお題に沿って記事を書いてみようと思います。




今週のお題「2018年上半期」




今年は大きな節目となりました。この上半期で色んなことが起こりました




卒業公演、大学卒業、自殺願望、天河神社、様々な出会いと別れの中で大きな気づきがありました



『人生は今この瞬間最高に良い気分で在る為に在る』




全ては一つだとか愛が全てだとか、そんなことは知識として知ってるつもりだったんです。




知識として知っている分、現実とのギャップがとても苦しかったです




今こうなってみて、傷ついていると思っていた自分は幻想だったんだと知りました




自分だと思ってたモノは分厚い殻だったんです。中には何も入ってなくて空っぽなんです




こんなこと言われても信じられないですよね。経験しないと腑に落ちることは絶対ありません




でも、信じるか信じないかはあなたの自由ですし、そこはあなたの心を信じていいと思います




『過去も未来も頭の中にしか存在していない』




このことも良い気分を通して気付けました。




本当の幸せは今にしか感じることが出来ないんです。錯覚なんです




僕は、ドッキリにかかってたような気分です。




なぜこんなことに気づかなかったのか。頭でわかった気になっていただけでした




『愛に勝てるものなど何もない』




これも、経験として知れました。




愛は宇宙最強のパワーだと思います。暴力が如何に薄っぺらいことか




色々思いますが、一番思うのは生きてて良かったことです。




死んでいたら、僕はもういません。




生きててよかったです。




世間は大雨ですね




地球も大変なことになってます。天変地異、そろそろ気づく最後のチャンスなのかもしれません




みなさんもお身体に気をつけて、無理をせず過ごしてください




会社に学校に行けなくたって、死ぬわけじゃないんですから。




無理をしてまで行かないでください。




御自愛ください。