みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

☆幼少期⑥☆ 社長の息子と学年主任


おはようございます!




なんかワクワクするタイトルですね




今日も自伝いってみよーっ^ - ^




中学に入ってテニス部に入った




このテニス部の先輩がなかなか酷かった。




部室はエロ本まみれだし汚いし、後輩に対する当たりも強くて暴力もあった




部室で流血事件みたいなのもあった。




部活はそんなかんじ




僕は担任にも学年主任にも目をつけられてた




そんなに悪いことをしたわけでもないのに、シンプルに嫌われてた。いや、目の敵にされてるように感じた




中2の夏に海でロケット花火をしたんだけど、それが問題になった




ダンボールに何百本も指してロケット花火戦争をしてて




たしか誰かに当たってそいつが親にチクった




チクるなら参加すんなよと思った。




そして主犯格の僕と社長の息子とJ君が呼び出された




J君は一番の悪ガキだけどずるがしこくて世渡り上手。うまく学年主任に謝った




そして残りは社長の息子と僕。




社長の息子と学年主任が向かい合う







優しいトーンに変わった




『君は何も悪くないもんね?』




『うん。』




まじか…




社長のちからすげえ




金だな金。




社長の息子は、地元でも有名な会社の息子だ




教師の、大人のずるがしこさに開いた口が塞がらなかった。




そして残るは僕




いきなり胸ぐらを掴まれて壁に叩きつけられた




『全部お前だろうが』




各組の担任や風紀の教師もみんな黙って睨んでた




教師という生物に対して純粋に死ねと思った。




多分この頃からグレ始めた




両親も毎晩ケンカだし、お互い酒とタバコで発散してた




姉も不登校になり部屋から出ず朝までテレビ




僕は学校をサボるようになった




そして中2の終わり頃からどんどん不良になっていった







そんなこんなで、幼少期はここで終わりになります




次回からは★不良編★始まります




不良編は漁師時代までのろくでなし期間です。




なるだけ包み隠さず書いてみようと思います




明日もお楽しみに^ - ^




今日は暑いですが、しっかりと水分を塩分摂って熱中症に気をつけてください!




あと、たまにはゴーヤ食べてくださいね^ ^




夏バテ対策です!いつも頑張ってる身体にお礼をしてあげてください




それでは、良い一日を^ - ^☆