みずかがみ

奈良の天河で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。人生の日々の學び、湧いてくることを心のままに綴っていきます

愛の、河の流れのように。


今日、保育士の為のサポートセンターに行ってきました




なんか勘が働きます




例えばこの仕事どうでしょうかと、電話で確認してるとき何か嫌な感じがするとか




そんな程度ですが。




そして、ある場所を紹介してもらえた




仕事時間は正に希望通り。平日フルで働ける。適度な通勤距離でブログも書きやすい




仕事内容は、普通の保育園の中にいる軽度の障害児童の担当がメインの、保育士さんのサポートです




全てがピタッとはまって、全然嫌な感じもしなくてただただ祈った




電話で確認すると、無資格でも採用してくれて、男性も受け入れ可能とのことでした




そして急遽明日面接が決まった。




無資格で男性なのに面接してくれて、条件も全て満たしてるなんて本当にすごい確率です。




男性受け入れ拒否の園も多いそうです




あまりにも流れるようにポンポン進んだ。すごく流動的で気持ちがいい




身体も心も性質が水に近づいていっている気がする




執着もストレスもなくただ流れ移り変わっていく




固定された自己の感覚もだんだんと薄れてきてる




今日大阪の一番混雑してるところを歩いてるとき、変な感覚になった




この人この人、この街行く人全てに個別の意識があって、別の人格があって、それぞれが別々のオリジナルの人生を生きてて




それなのにみんなの立ってる真下にはただ一つの愛の河(全体意識)が流れてて、だけどコンクリート(自己の壁)で遮ってるから誰もそんなの気付けなくて




その矛盾がすごい美しいなと、頭で理解して言葉で決して説明出来ないであろう矛盾が神秘的だと思いました。




この雑踏は自分だけど自分じゃない。不思議です




マトリックスのネオが雑踏を歩いてて街行く人が止まるシーンが浮かんだ




僕の心は、意識は日々映り変わってる




固定された『いわもとこうへい』という自己が、その錯覚が普段から薄れてきてる気がする




物事が長続きしないとか言うだけ言ってやらないとか言われても、想いや気持ちがすぐ流れていってしまう。すぐ行動しなければそれは流れていく




悪く言えば、飽きっぽくて口だけですね。笑




今はどう考えても子供と関わりたいしそういう流れに乗ってる




だから、存分に子供と愛の経験をする。




人生は地図がないから面白いね^ ^




この先どんなことが待ってるのかな




ワクワクすぎて不安になる暇がないです




今日も良い日でした。




足元のコンクリートをぶっ壊せるのは、この世界であなたしか居ません




殻を壊してください。




あなたがあなただと思っているあなたは、殻ですから。




壊れたなら、あとは川に流れましょう




本当のあなたは、その川です。愛の河です




どんぶらこ、どんぶらこ




私は桃になりたい




桃から生まれた桃太郎^ - ^




いつも応援ありがとう。がんちゃんは小さな桃太郎で在れるよう頑張ります




愛をあなたに。