みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

子供の頃にみた宇宙の果ての夢









こんにちは♪




いつもブログに来てくださり本当にありがとうございます!




お読みいただく前にランキングボタンをそえぞれワンクリックしていただくと5歳児のように歓喜します





日本一周ランキング


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ
にほんブログ村




皆さんの愛にいつも元気をもらっています。本当に本当に有難うございます。




今日も心のままに想いを綴っていきます






~~~~~~~~



おはようございます!




今日は朝から不思議な夢の話をしますね




子供は、大人にはない捻れる前の純粋な感性がある




それは、喜怒哀楽もそうだし、今を生きてて愛の中を生きてることもそう。




中には特殊な感性を持ってる子もいる




これは医師の体験談の話なんだけど、4歳くらいまでの子供には、お腹の中の記憶があったり前世の記憶があったり幽霊と人間の区別がつかなかったりする子がいるそうです




それも、けっこうな数がいるそう。だけど小学生までにはほとんどの子が忘れてしまうようだ




僕は特に何もなかった。だけど、子供の頃にみた夢をまだ覚えてる




その内容をさっきふと思い出して、面白いなと思ったのでシェアしますね^ - ^




僕は、4歳くらいの頃かな…暗い部屋でニュースや天気予報を見てると怖くて仕方なかった。




ニュースの背景や天気予報の背景は青色なことが多い




すぐにそこから宇宙に浮かぶ地球を連想した




その時の怖さは今でも鮮明に覚えてる。




暗い暗い宇宙にぽつんと浮かぶ地球




『僕がもし死んだら、この意識は無くなるのかな。僕が僕だと思って認識してるこの自分という意識は消えるのかな。真っ暗な宇宙の暗闇に何千年も意識を閉じ込められちゃうのかな。』




『もう自分に会えなくなるのかな』




夜になると、NHKのニュースや天気予報のたびにこんなことを思って死ぬのが怖くて仕方なかった。




自分という意識が死によって消滅してしまうことが怖くて怖くて怯えてた。




そんな変わった子供でした




でもある日不思議な夢を見てその怖さは薄れていきました




その夢は、宇宙の果てまで意識が広がっていく夢




ちょうど先日観た『コンタクト』という映画の冒頭のように、地球から始まりどんどん地球から宇宙空間に離れていって、太陽系より広がって銀河系より広がって、するとそんな銀河系が大量にあって…更に更に広がり続けて…




どんどんどんどん抽象的になっていく




コンタクトの場合はこの辺でそれ(宇宙)は人の瞳の中だと表現する構成になってた




これだけ宇宙が広ければ存在するのが地球人だけなわけがないと思えた。







僕のみた夢の場合は、さらにさらに広がっていく




科学では、宇宙空間は今も膨張を続けていると言われている。




広がって広がって広がって広がって広がって




………!





最後は宇宙を出たんだ




そしたらどうなってたと思う?




サンタクロースみたいな白いヒゲのおじいさんが椅子に座ってテーブルの上のスノードームのような水晶玉を撫でてた。




とても愛おしそうに見つめてた。




それが、その水晶玉が宇宙だった




それ以来何故か死や意識の消滅を怖がらなくなった




今になってみて、すごい夢だなと思う。




結局死んでみないと分からないけど、なかなかいいところを突いてる夢だと思う




子供ってすごい。




以上、子供の頃にみた不思議な夢のお話でした☆




もしよろしければ下部にあるランキングボタンをクリックしていただけると励みになります!




今日も一日がんばろう^ - ^