みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

◆漁師時代①◆ 両親との闘い







こんにちは




いつもブログに来てくださり本当にありがとうございます。




お読みいただく前に是非ランキングボタンをクリックお願いします





日本一周ランキング




皆さんにいつも元気をもらっています。本当に本当に有難うございます。




今日も心のままに想いを綴ってみます






~~~~~~~~




こんにちは




今日から19歳〜21歳頃までの約2年間の漁師時代について書いていこうと思います




よろしくお願い致しますm(__)m




それでは、スタートっ!!!




『俺、漁師するわ。』




父は笑っていた。まさか本気とは思ってなかったんだろう




『やめとけやめとけ笑』




そんな軽い雰囲気で会話は終わった




父よ、息子の頑固さと行動力を侮ったな。




僕は次の日に漁港に電話をした




『あの、カニを獲る大型漁船に乗りたいんですけど』







組合長が電話に出てくれて、ちょうど1人募集してる船があると言われた




『乗ります』




話はトントンと進み、次の日に船の船主(社長)に会うことになった




そして面接をした。とても優しい方で、僕も気に入られて採用が決まりました




『なるべく早く乗ってほしいのだが…』




1人足りないだけで船の上は相当苦しいみたいだ




『今のバイトは2週間後に辞めるので大丈夫ですよ!』




急な転職をバイト先の店長が理解してくれて、バイトは比較的すぐに辞めることが出来ました




船員手帳を作るための手続きや健康診断も1週間以内には終わる予定です




ですが、ここで1つ大きな問題が発生します




『君は未成年だから、親の許可がいるよ』




なんだと…




ここに来て、19歳ゆえの未成年縛り




僕は早速家に帰って母に告げた




『俺、漁師するわ。』




母はもう怒って呆れて大変なことになった




だけど母は誰よりも僕を説得しても無駄なことを知っている。そして嘆きながら投げ出すように諦めた




『勝手にしろ!!!』




おう。俺の人生だ!ありがとう




親の心配なんてどこ吹く風。僕は本当に親不孝者で心配症の母の寿命を間違いなく縮めたと思う。




今だから思う、ごめんなさい。




そして、その足で父の元に行った




『漁師するから印鑑押して』




そんな軽いノリで父の元へ行ったら、ブチ切れられた




『あほかあぁあぁあ〜〜〜〜!!!!』




え?




『漁師なんかあかんわ!!!!!』




はあ!?




ふざけんなよ




久しぶりに父と大喧嘩をした




『わしの顔に泥を塗る気か!!!!!』




『泥なんか塗ってねぇわ!!!!!』




『どうせすぐ辞めるのにわしの顔に泥を塗るな!!!!!』




『辞めへんわ!!!!!!!』




狭い町です。顔の広い父にとって息子にこれ以上顔に泥を塗られたくなかったんだと思います




警察沙汰も然り、僕は両親の築いた世間体を壊し続けてきました




『俺の人生だろうが。邪魔すんなよ!!!』




僕は一歩も譲らなかった




とうとう父は怒り疲れ呆れ果て、何かを取り出した




『ここに署名して指印を押せ』




僕は3年続けますと書いて指印を押した




もうお前は手に負えないというような父の顔




誰も手に負えなんて言ってないだろ




親の気持ちや心配は当時の僕には理解出来ませんでした。ただ、やりたいことの邪魔をしないでほしかっただけでした




そしてバイトを辞め、休む間も無く次の日に初出航が決まりました




一度出れば1週間はずっと遥か彼方日本海のど真ん中です




僕は、ワクワクして眠れなかった




その夜、母にある話をされた




僕が子供の頃、船で手を無くした漁師が居ていつも義手を付けていたという




その義手がフック船長の付けてるものに似ていたらしく、僕は見るたびに怖くて泣いていたという




そんなことはもちろん覚えてない。幼い頃のことです




母は、腕や命を無くす怖さを感じてほしかったんだと思います。




父にも、おじいちゃんが戦争から帰ってから漁師をしていた話をされました




おじいちゃんは、太い綱がピンと張った時に巻き込まれ海に弾き飛ばされたことがあるらしい




そして足を怪我して辞めたと聞いた




命を落としてもおかしくないような出来事だったらしい




でも、いくら恐怖で煽られても僕は止まらなかった




そしていよいよ出航の朝を迎える




長くなってしまいました。今回はここで終わります!




次回はいよいよ初出航のお話です




理想と現実、果たしてどんな海の生活が待っているのか




乞うご期待です^ - ^!!!




書くのが楽しくて楽しくて我を忘れていました




いつも読んでくださりありがとうございます。応援してくださる方は是非下部のランキングボタンをクリックお願いします




今日は暑いのでしっかり水分を摂って熱中症にお気をつけください




それでは^ ^