みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

◆漁師時代⑧◆ 守るものがあると人は強くなれる







こんにちは




いつもブログに来てくださり本当にありがとうございます。




お読みいただく前に是非ランキングボタンをクリックお願いします





日本一周ランキング




皆さんにいつも元気をもらっています。本当に本当に有難うございます。




今日も心のままに想いを綴ってみます






~~~~~~~~




返事はOKだった




ホッとした。嬉しかった。でも、何故OKしてくれたのかなと思った




メールをするようになって、お互いのことを聞き合った




その子は僕のことは覚えていなかった。




『夢で見たなんて変だと思わなかったの?』




普通なら引いてしまうような理由なのに




『少しびっくりしたけど、大丈夫でした』




そう答えてくれて安心した。




その子は1歳下の当時19歳で、まだ男性とお付き合いをしたことのない子だった




背が高くてスラっとした綺麗な子でした




とてもピュアな人でした。




まだ直接会ってない彼女に僕はどんどん惹かれていった




僕は常に海の上なので、電波が入るたびにメールを心待ちにしてた。




荒波の中僅かな休憩時間に甲板に出てケータイを空に振りかざす




電波は90パーセント入らない。たまに陸地に近かったりすると奇跡的に入る




その隙を狙って受信してメールを返信する毎日




そして陸に帰って休みの日はメールをしたり電話をしたりした




どんどん彼女の存在が自分の中で大きくなっていった




自分の生きるエネルギーになってた。




でも、付き合ったことのないその子に彼女になってほしいとかあまり求めないようにしようと思った




ただ、出逢ってくれたことが嬉しかった




生きててくれるだけで幸せだった。




彼女の存在が自分の生きる理由になっていった




『この子の為なら何だって出来る』




彼女の存在が自分を強くした




そして、今まで以上に仕事を頑張るようになった




僕の家は離婚しているので母と姉以外に男は自分しか居ない




『自分が守らなきゃ』




そして彼女も守る。大切な女性を守れる強い男になりたい




『俺は強くなる』




常にそう念じてた




雨風に荒波に打たれながら、起きてる時間のほとんどの思考がそれだった







ただただ、海を見つめて『強くなるんだ、俺が守るんだ』って想い続けた




そして1ヶ月が経った頃、僕はいつものように網の見張りをしながら




『強くなるんだ』




海に向かって空に向かって強く想い続けた




その時




奇跡が起きた




今日はここまでで終わります。次回もお楽しみに☆




今日も読んでくれてありがとう




いつもいつもありがとう




愛してる。




明日の土曜がお休みの方も仕事の方も、今日の夜はゆっくり休んで自分に優しくしてあげてください^ ^




1週間お疲れ様でした。




当たり前のような奇跡の毎日を、今日もありがとう。




いつもブログに来てくださり有難うございます。応援してくださる方は是非下部のランキングボタンをクリックお願いします^ - ^