みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

爪の垢を煎じる







こんにちは




いつもブログに来てくださり本当にありがとうございます。




お読みいただく前に是非ランキングボタンをクリックお願いします





日本一周ランキング




皆さんにいつも元気をもらっています。本当に本当に有難うございます。




今日も心のままに想いを綴ってみます






~~~~~~~~



8割ほど旅の荷物が揃いました!







なかなか大荷物…




部屋でテントを広げてみる










ワクワクしてきた… こんな生き方もありなんだ✨




遊牧民族ならぬ遊芸民族👍✨笑




実は、昔日本にもそういう民族が居たらしいんです。大学の先生から聞いたことがある




家族や親戚でテントのような家で日本を横断する民族




絶滅しちゃったらしいです。




ちょっと興味あります




さて、今日は久しぶりに湧いてきたことを書いてみようと思います




世界の全てが、地球が人型の存在だと思ってイメージしてみる







こんなかんじ。これが仮に地球としてみる




ということは僕らの存在は指の爪の先の先のほんの小さな垢のような存在




爪の先はもう神経も通ってないし血も流れてない




だから爪切りで切ったって痛くも痒くもない




僕ら人間はこの爪の先っぽのような存在




完全に分離された存在




だけどある日突然分離した爪の先っぽだと思っていた自分に血が流れてくる




血流が爪の先まで巡る




そこで自分は全てと繋がってたんだと知る




分離した爪は不自然な状態だから、血を求めるように出来ていて、様々なことを外側に探して血を求める




血でしか自分を満たせない




相手に血を求めたり、お金や物欲で血を満たそうとしたり、幸せな理想像に血を求めたり、人生は求めても求めても終わりが見えない




でも外側に血が存在することはなく、自分の内側のみから血は湧き上がってくる




そしてひとたび血が通うと、その血が全てに流れてると知る。髪の毛は植物、皮膚は大地、内臓は海、他人は別の爪etc...




世界に存在する全て、地球の全てが血だと知る




だから、全てがわたしで全てがひとつ







この血っていうのが、愛のこと




人が無意識に求め続けるもの




人の心を満たすもの




この血、愛が全ての存在に流れていて、全てを生かしているもの




全てが愛の表れなんだということ。





今日は久しぶりに想いが湧いたので書いてみました😌




わかったようなことを書いてるけれど、湧いたから書いただけで僕自身は本当にだめだめです




絶賛分離中だし、人が好きで嫌いで、とにかく変子だし自分のペースで生きてるし人に合わせられないし




極端な隠と陽、矛盾ばかりの人間。人格もめちゃくちゃ




多分僕が一番なんにもわかってない




だけど多分悟っても悟らなくても本当に変わらず当たり前に人生は続いていくと思う




苦しい時はめちゃくちゃ苦しい




これからも喜怒哀楽と共に、超リアルな夢みたいな人生が続いていく




それが人生だし、それでいい




ただひとつ言えることは、何をしても人生は大丈夫




それだけは断言出来る




常識では色んなことが決まっていて、人から否定されたりするし生き方とかも制限されるけど、本当に何でもいい




何をしてもいい




人を傷つけること以外何をしてもいいと思ってる




こんなに自由で世界は広い




人生を楽しんで、様々な経験をして、色んな場所を肌で感じて




全てをやり尽くして




失敗し尽くして




行動し尽くして




『僕は何者でもなかった』




おじいちゃんになって、満面の笑顔でその言葉を言って逝きたい




それが夢かな☺️