みずかがみ

奈良の天河神社で本当の自分と出逢い、不思議な体験をしました。2019年1月1日より踊りで日本一周を開始します

巫女さんと踊りのお話







こんにちは




いつもブログに来てくださり本当にありがとうございます。




お読みいただく前に是非ランキングボタンをクリックお願いします





日本一周ランキング




皆さんにいつも元気をもらっています。本当に本当に有難うございます。




今日も心のままに想いを綴ってみます






~~~~~~~~




昨日ゲストハウス縁で朝5時まで語っていました




ここのゲストハウスには不思議な方がたくさん集まります




ある方が僕の踊りの動画を観て、巫女に見えると言いました




巫女の歴史や古神道、縄文の話など、神社や日本の神さまの起源の話をたくさん聞きました




巫女には表巫女と裏巫女というのがあって、表巫女は陽を司り神さまに舞を奉納する




裏巫女は、遊郭や性と深い関わりがあるそうです




神さまや神道と性は切っても切れないほど大切な繋がりがあるそう




現代では性は穢らわしいとか恥ずかしいことという価値観だけど、本来は神秘で神を司るような神聖なこと




僕の『踊り』は、踊りというより祈りで、人生の賛美歌のようだと言われた




僕には表巫女と裏巫女、隠と陽が両方あって




僕は自分を客観的に見れないから、でもその方には巫女の類いに見えたそう




踊ると女性的なんだそう




なるほど…




でも、ひとつだけ




僕は、無宗教だし、でも神社が大好きで神さまがいるのもわかります




祈ったり手を合わせると、胸の真ん中があったかくなります




踊る時は必ずそこの胸のあったかさに身を委ねます




雑念もなるべく入らないように、純粋に身をまかせる




それが上手くできない日は、踊ることが辛い感じがします。無理やり自力で絞り出そうとするような




僕は結局自分の力じゃ何も出来てなくて、きっと力を貸して下さってるのかなと、そうじゃないと説明がつかない




例えば僕が野心だけになって、お金が全てで人をみんな敵だと思って突き進んだら、この踊りは絶対出来なくなる




結局何がしたいって、人を愛したい




人を愛して人と心で繋がる時が人生で一番幸せ




でも不器用だから、踊りで抽象的に人を愛そうとしてる




『辛いこともあるけど頑張って一緒に生きよう。生きてたら絶対幸せなこといっぱいある。挫けそうになっても1人じゃない。人生って素晴らしいから』




年間何万人と自ら命を絶ってしまう日本。死にたくなる気持ちも分かる




何のために生きてるのか、何が幸せなのか




そんな時に、孤独じゃないと心に寄り添えるような表現がしたい




久しぶりに自分の想いをアウトプット出来ました。







今日は宮島に行って厳島神社に行きました




フェリーから島を観たとき、なぜかただいまが溢れて涙が込み上げました







いつか、能舞台で神社に奉納したい







頂上の弥山にもお参りしました




人の縁は不思議なもので、人から人へ、山口県の方とお友達になりました




別にブレたっていいし、最低になってもいいんだ。人間だもん、そんな時もある




だけど、謙虚さと人を愛する気持ちはこれからも大切にしていきたい




昨日の感動料をいっぱいお賽銭に入れてしまった😊笑笑




よし、今日も頑張ろう!